乾癬の治療法| 乾癬治療【明日の乾癬 by UCBCares】

html_ページタイトルビジュアル

乾癬治療

乾癬の治療法

Treatment

html_乾癬の治療法

乾癬の治療法

乾癬の治療法には、皮膚症状が出ている部分に対して行う「局所療法」と、体の中の炎症をしずめる「全身療法」があります。
局所療法は外用療法(塗り薬)と光線療法(局所照射)、全身療法は内服療法(飲み薬)と
光線療法(局所照射以外)、注射療法(生物学的製剤)です。

乾癬の症状や範囲、患者さんの生活習慣や希望などさまざまな条件を考慮して、最も適した治療が決定されます。

html_治療法

外用療法

(塗り薬)

塗り薬を患部に直接塗ります。塗り薬にはステロイド外用薬とビタミンD3 外用薬などがあり、症状に合わせて併用することもあります。

・ステロイド外用薬:皮膚の炎症を抑える
・ビタミンD3 外用薬:皮膚の細胞の過剰な増殖を抑える
・配合外用薬:薬剤の特徴を考慮して複数の軟膏が配合されたもの

光線療法

光線療法では、患部に紫外線を照射します。治療に用いられる紫外線(UVAとUVB)には、皮膚の炎症や過剰な増殖を抑える効果があります。

内服療法

(飲み薬)

局所療法を行っても十分な効果が得られない中等度~重症の患者さんには飲み薬を服用します。内服薬には以下の種類があります。

・ビタミンA誘導体:皮膚の細胞の過剰な増殖を抑える
・PDE4阻害薬:免疫細胞のはたらきを抑え、皮膚の炎症を正常化する
・免疫抑制薬:免疫細胞のはたらきを阻害し、炎症を抑える

注射療法

(生物学的製剤)
炎症性サイトカインのはたらきを阻害し、乾癬の症状を抑えます。生物学的製剤による治療は、患者さんの症状や治療目標などを考慮して処方されます。

生物学的製剤には作用のターゲットとなるサイトカインによって複数の種類があり、
現在日本では、以下のサイトカインのはたらきを阻害する製剤が使用可能です。

生物学的製剤の種類

  • TNFα阻害薬
  • IL-17阻害薬
  • IL-12/23阻害薬・IL23-p19阻害薬
治療薬の作用

生物学的製剤は、日本皮膚科学会に使用を許可された施設でのみ処方が可能です。

html_治療中は感染症に対する注意を

治療中は感染症に
対する注意を

飲み薬や生物学的製剤の中には、使用することにより免疫システムが抑えられるため、感染症にかかりやすくなることがあります。そのため、これらの薬で治療する場合には、マスクの着用やうがい・手洗いなどの感染予防を徹底することが大切です。

html_パンくずリスト

html_アプリインフォ

エクササイズをはじめるなら
「明日の乾癬」アプリが便利

App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう